FC2ブログ

歌うたいの洋服製作と犬日記

 - 

クラシック音楽を歌いながらオリジナル洋服の製作をしています。五感に響くクリエイティブを目指してます。(ワン子と人のごちそうレシピも紹介。)

09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

穏やかに聴ける。

友人がピアノを弾く声楽家さんのステージを聴く。

技術…、

という言葉を先に出すと、
歌は技術で歌うものなんて捉えられては困るのだけれど、
体を自由にという想像あってはじめてその人の声と思っていて、
そういう意味での「解放=技術」と、
最近はそれを支えに声作りしているので、

何かそういう考え方が、
合間のピアニストの友人のリリックなピアノソロの一曲も奥まで楽しめたなと感じた。

自由というのは縛られないことだ。
それは0(零)の地帯であって、そこからが創造の世界だ。

何かに向かって、楽に体が準備できるのは必要であるけれど、
それに気付くことは難しい。

それにはまずは自らが不自由な体に気付くことだ。
(あ、ちょっと逸れた。)

0(零)からスタート出来るコンサートは、
その人の内面と音楽との対話が見える気がするし、
終わってみると、
穏やかな自分(私)がいることに気付く。


スポンサーサイト

[edit]

tb: 0  /  cm: 0    top △
この記事に対するコメント

top △

コメントの投稿
Secret

top △

トラックバック
トラックバックURL
→http://akoyavoice.blog111.fc2.com/tb.php/324-367f861a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △