FC2ブログ

歌うたいの洋服製作と犬日記

 - 

クラシック音楽を歌いながらオリジナル洋服の製作をしています。五感に響くクリエイティブを目指してます。(ワン子と人のごちそうレシピも紹介。)

07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

tb: --  /  cm: --    top △

リメイクしてみた。

二週連続で合唱団のコンクールを受ける。
今度の日曜日が二回目でどちらの服装も黒で統一ということになった。
間に合えばというつもりで衝動的に、
持っていたベロアの丸首シャツのヨーク部分を切り取り、
透ける薄手の綿に変えて刺繍を施してみようと。

刺繍はあまりやらない。
以前、ブックフェアで安く買えた「英国刺繍バイブル ステッチ408」を出してきて眺めてみる。
縫い方の本なのでとても詳しく載っているけれど、
図案集ではないので素人には図案の発想がなければ、ただの宝の持ち腐れ。
仕方ないので図書館で作品集を借りてくる。
どれも花のモチーフが綺麗に刺繍されていて、
そうそう、こういうの!
即席で刺繍するには頼らざるを得ない。

その中からヨーロッパの伝統的な模様を拝借した。
画像をPCに取り込んでCADと画像ソフトでヨーク部分を描いてみた。
細かくて大変そうだけど…。
賑やかでいい感じ♪
これに持っている刺繍バイブルで各絵柄ごとに縫い方を選びメモしておく。
(刺繍の挿し方はクロスとアウトラインとチェーンステッチばかりでないのです!)

材料を地元に調達に行く。
まずは偶然に端布で黒の薄手平織りをゲット。
一緒に光沢のある糸で縫いたかったので、光沢のあるミシン糸をとビーズを買う。

そしていざ刺し始める。
が…、
上手くいかない。
何故かというと私は左利きだから。
お手本とシンメトリに針を刺したり糸をかけたりしないといけない辛さは、
左利きの人にしかわからないと思います。
その上、生地はごく薄の綿で刺しにくく、
ミシン糸を数本合わせることで糸に強度な張りが出て細かい線が上手く描けない。

…うわー、これ無理。…

断念しようと思いましたが、ビーズを使って幾つかの刺し方を省略。
そして、端から挿し進めずに、途中で省略できるように同じ絵柄だけ刺し進めて、
まずは中央のモチーフと下のモチーフラインを刺してみる。
苦心の途中経過。
かなり省略されてしまったけれど、
諦めてこれで中央と下のラインは終了。

つぎ、斜めのラインと思いましたが、
この時点で着ようと思っていた一回目のコンクールは終了していた…。

ということで斜めラインは割愛。
この後、ビーズなどを少々刺し足して、ネックラインをボタンホールステッチにし、
やった!刺繍が完成です。

そして、
ベロアシャツの切り抜き、ヨークを縫い合わせ見事完成。
やっと合体した。

素人にしてはなかなかの出来で、いいうたが歌えそうです♪
思った以上の出来かな♪

また挑戦してみたい刺繍ワークでした。

スポンサーサイト

[edit]

tb: 0  /  cm: 0    top △
この記事に対するコメント

top △

コメントの投稿
Secret

top △

トラックバック
トラックバックURL
→http://akoyavoice.blog111.fc2.com/tb.php/293-cae4fe47
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。